PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >カーテンをオーロラに

カーテンをオーロラに

カーテンの写真を使用して空に見えるオーロラを作ります。

まず夜空とカーテンの写真を用意します。

カーテン

夜空

カーテンの写真を夜空の写真にペーストして移動ツールで大きさを 調整します。

カーテンの写真を夜空の写真にペースト

レイヤー1を複製し「ぼかしカーテン」と名前を変更します。

レイヤー1を複製する

オーロラは放射状でピンぼけしているように見える自然現象なので 「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(放射状)」を選びます。

フィルタのぼかし

量を20、方法は「ズーム」、画質は「高い」を選び OKボタンを押します。

ぼかし(放射状)の設定

するとこのようにぼかしがかかった状態になります。

ぼかし(放射状)がかかる

次に 「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(移動)」を選択します。

ぼかし(移動)

角度90度、距離を150ピクセルに設定してOKボタンを押します。

ぼかし(移動)の設定

メニューバーから「フィルタ」→「レンズ補正」をクリックします。

レンズ補正

レンズ補正の画面が開くので左上の「ゆがみ補正ツール」をクリックします。 そしてマウスポインタが十字キーの形になるので上方向にドラッグします。

ゆがみ補正ツールボタンをクリック

すると図のようにパラソル状に膨らんだようにゆがみが出ます。 今度は左上の「角度補正ツール」をクリックします。 そしてマウスポインタが十字キーの形になるので左上方向にドラッグします。

角度補正ツールをクリック

十字キーポインタを10度~20度の小さい角度で左上方向にドラッグすると ポインタ方向とは逆方向の右上方向に傾きます。 角度が大きいと右側に傾きすぎてしまいます。 よければOKボタンを押します。

10度~20度の小さい角度で左上方向にドラッグ

レイヤー1を非表示にするとカーテンの写真素材から空に輝くオーロラの完成です。

オーロラの完成 このエントリーをはてなブックマークに追加



TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.