PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >イワシをサメに変える パート2

イワシをサメに変える パート2

Photoshopでイワシをサメに変える方法の解説 パート2です。

クイック選択ツールなどで魚全体を選択します。 画面左で描画色を#241b92に設定します。

魚全体を選択して描画色を#241b92にする

「レイヤー1のコピー」の複製「レイヤー1のコピー2」を作成し メニューバーの「フィルター」→「フィルターギャラリー」から「プラスター」を選び 以下の値で設定します。

画像のバランス:20
滑らかさ:15
照射方向:上へ

プラスターで各値を入力する

体の上の方が塗料を塗ったような状態になります。

体上の方が塗料を塗った状態に

描画モードを「ソフトライト」に変更します。

ソフトライト

次は魚のヒレを描いていきます。 画面左からペンツールをクリックします。

ペンツール

図の1番の位置でクリックします。2番の位置でクリックし右方向に 方向線を伸ばします。

図のように方向線を伸ばす

図の2番の位置でAltキー + クリックで右方向に 伸びている方向線を消します。 次に3番の位置でクリックし右下方向に方向線を伸ばすと ヒレのような形になっています。 最後に開始点でクリックしてパスを閉じて左下方向に少し方向線を出します。

図の3番の位置でクリックし右下方向に方向線を伸ばす

このパス内で右クリック→選択範囲を作成でぼかしの半径は0で選択範囲を作ります。

ペンツールで描いたヒレを選択範囲に

右クリック→「下のレイヤーと結合」をクリックします。

下のレイヤーと結合をクリック

「Ctrlキー + J」を7回繰り返し7枚分のヒレを作成し図のようにレイヤー名を変更します。

コピーレイヤーを7枚作る

各ヒレを移動ツールで移動、回転、拡大、縮小して各位置に配置します。

各ヒレを移動ツールにて移動、回転、拡大、縮小する

胸ビレ2レイヤーと腹ビレ2レイヤーを各選択し消しゴムツールで前面に出ている部分を 消して裏側からヒレが出てるように見せます。

胸ビレ2レイヤーと腹ビレ2レイヤーを選択し前面に出ている部分を消す

「Ctrlキー」+「Altキー」+「Shiftキー」+ Eを押して新規に結合レイヤーを作成します。

新規結合レイヤーを作成

「レイヤー1」を複製しコピーレイヤーを一番上まで移動します。

コピーレイヤーを一番上に移動

複製したレイヤーで描画モードを「除算」に変更するとイワシの体の質感が表面に出てきます。

描画モードを除算に

メニューバーの「イメージ」→「演算」をクリックします。

演算

「演算」の画面で第1元画像のレイヤーを「結合」に、第2元画像のレイヤーを「レイヤー2」に 設定し結果は新規ドキュメントに出します。

第1元画像レイヤーを結合、第2元画像レイヤーをレイヤー2に設定する

新規ドキュメントはマルチチャンネルモードになっているので 元のRGBカラーモードのドキュメントに「すべてを選択」→「編集」→「コピー」 →「ペースト」で貼り付けます。

元のRGBカラーモードのドキュメントにコピー貼り付け

画面左より「スポット修復ブラシツール」をクリックします。

スポット修復ブラシツール

ブラシサイズの直径を300に、真円率を52%にすると図のように 楕円形になるので体の黒い余分な箇所をクリックして消して周囲の色と 同じような色に変えていきます。しっぽに近い場所は囲みにくいので 角度-9度、真円率を28%くらいに設定するとうまく消えます。

ブラシ設定

体からはみ出ないように消していくと図のようになります。 口の上の白くなっている部分はクリックして腹の色に近づけます。 背ビレや胸ビレはスポット修復ブラシツールにより体とのつなぎ目が わからなくなります。

先程の余分な黒い部分が消える

全体を修正するとサメの硬い皮膚の感じが出てきます。

サメの硬い皮膚の感じが出る

メニューバーの「選択範囲」→「選択範囲を読み込む」をクリックします。

選択範囲を読み込む

チャンネルの一覧から前ページの解説で作成している 「アルファチャンネル2」を選択しOKボタンを押します。

アルファチャンネル2を選択しOKボタンを押す

この続きは下の「その他の項目」のイワシをサメに変える パート3になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

イワシをサメに変える
イワシをサメに変える パート3


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.