PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >押し出しでキーボード パート2

押し出しでキーボード パート2

フィルタの押し出しの機能を使用してキーボードを作る解説の続き パート2になります。

画面上で下端揃えのアイコンをクリックします。

下端揃えのアイコン

Escの文字の下端を基準としてF1~F12の文字が揃いました。

F1~F12の文字が揃った

次に画面左の横書き文字ツールをクリックし文字のサイズ9ptに設定し「Pause」、「Insert」、「Delete」の文字を入力し上記と同様に 基準位置を下端に揃えます。

Pause、Insert、Deleteの文字を入力

上から2番目のキーも上記同様に文字サイズは12ptで入力します。 改行する場合はEnterキーを押します。

2段目のキーにも文字を入力

残りのキーの文字も入力していくと図のようになります。 レイヤーパレッドの下から順に
・TabとShiftは左端揃え(または水平方向中央揃え)
・Qを基準位置としてW~Pと双方選択し下端揃え・・・(W~PはQより上の位置で入力)
・Caps Lockを基準としてA~+と双方選択し上端揃え・・・(A~+はCaps Lockより下の位置で入力)
・Zを基準としてXから>と双方選択し下端揃え・・・(Xから>はZより上の位置で入力)
・Ctrlを基準としてFn~↓と双方選択し下端揃え・・・(Fn~↓はCtrlより上の位置で入力)

残り全てのキーに文字を入力

レイヤーパレッドで文字レイヤーを全て選択し右クリック→ラスタライズし レイヤーを結合します。

文字レイヤーを全て選択しラスタライズし
てレイヤーを結合

結合したレイヤー名は「キーの文字」に変更します。

レイヤー名変更

背景レイヤーと「大きなボタン」レイヤーも結合します。

結合

背景レイヤーをレイヤーパレッド下の「新規レイヤーを作成」ボタンまで ドラッグして背景のコピーレイヤーを作成します。

背景のコピーレイヤーを作成

メニューバーの「フィルタ」→「アーティスティック」→「塗料」の順に クリックします。

塗料

「塗料」の設定画面が出るので以下の値に設定しOKボタンを押します。

ブラシサイズ:3
シャープ:3
ブラシの種類:シンプル

塗料設定

キーボードのボタンの4隅の角が丸くなっているのがわかります。

ボタンの4隅の角が丸くなる

レイヤーパレッドで「背景のコピー」レイヤーを選択した状態で 描画モードを一覧から「乗算」に変更します。

乗算

キーボードのボタンの高さ(影の部分)が濃くなりよりボタン感が出ています。 これでフィルタの押し出し機能によりキーボードを作ることができました。

キーボードの完成 このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

押し出しでキーボード


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.