PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >地図(マップ)の作成 パート4

地図(マップ)の作成 パート4

Photoshopで航空写真を利用して簡単な地図(マップ)を作る方法の解説の続きパート4です。

画面左からペンツールをクリックします。

ペンツール

「線路枠」レイヤーで線路に線に沿ってパスを描きます。 家をかぶせるように描くようになりますが後で編集するので かまいません。

線路枠レイヤーでパスを描く

右クリック→「パスの塗りつぶし」で背景色白で塗って今度は線路レイヤーを クリックします。 右クリック→「パスを削除」でパスは消せます。

背景色白で塗ってパスを消す

画面左からブラシツールをクリックします。

ブラシツール

画面左上でブラシプリセットピッカーを開くと下の 方に先程登録した線路のブラシがあるので選択し直径を240pxに 設定します。 次に画面左上のブラシパネルアイコンをクリックします。

ブラシ設定

下のプレビューを見ながら線路ブラシが選択されているのを確認し、間隔を 510%に設定しパネルを閉じます。

間隔を 510%に

メニューバーの「表示」→「定規」で定規を表示し上から 図のようにガイドの線を下してその上に左端から線路ブラシで1度クリック 、Shiftキーを押しながら右端で2度目のクリック、右端が少し余れば 3度目のクリックで継ぎ足しします。 ガイドは「表示・非表示」→「ガイド」で非表示にできます。

ガイドの線を図のように引く

メニューバーの「編集」→「パペットワープ」をクリックします。

パペットワープ

線路の左端をクリックするとマウスカーソルが押しピンの形になるのでしピンを打てます。 そのまま線路枠の方に上にドラッグします。次に1つ目のピンを 軸として少し右で2つ目のピンを打ち縦の道路の踏切部分まで時計回りに回転させます。 そして3つ目のピンは両端のピンが固定されてるので 下方向にドラッグするとV字型に曲げることができます。

線路にピンを打っていく

同じ要領で残り3個のピンを打ち上方向にドラッグすると白色の線路枠に沿った ブラシ線路ができました。 画面上で○ボタンを押して確定します。

上にドラッグ

「線路」レイヤーで右クリック→「下のレイヤーと結合」をクリックし名前を線路に変更します。 上空からの写真になるので民家が線路を隠してるように見えないといけない箇所があるので 「レイヤーマスクを追加」ボタンを押してブラシサイズ12、黒色で図の3か所を 塗ります。

線路が民家を隠してる部分をブラシで塗る

新規レイヤーを作成し 画面左上でブラシの種類をハードメカニカル3ピクセルに変更します。 目印になるような建物が一つもない地図なので架空のお店などを書き足します。 ペンツールで図のように大小5軒のお店を描いて「右クリック」→「パスの境界線を描く」の順に クリックし一覧からブラシを選びOKボタンを押します。

ブラシの種類をハードメカニカル3ピクセルに

「右クリック」→「パスを削除」でパスを消して横書き文字ツールで 建物に合わせて文字を入力し色を付けます。 これで道路、線路、民家などを編集して田舎の簡易地図(マップ) が完成しました。

パスを消して建物に合わせて文字を入力し色付けする

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

地図(マップ)の作成
地図(マップ)の作成 パート2
地図(マップ)の作成 パート3


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.