PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >螺旋階段を作る

螺旋階段を作る

階段の画像を開きます。

階段

次にメニューバーの「ファイル」→「新規」をクリックします。

新規

「新規」のダイアログボックスでファイル名を「螺旋」、カンバスの幅を350 高さ497で作成します。

新規作成

画面左から長方形ツールをクリックします。

長方形ツール

長方形の塗りは画面上で黒に、線は無しに設定します。 図のようにカンバスに長方形を描きます。

長方形の設定

メニューバーの「フィルタ」→「変形」→「シアー」の順にクリックします。

シアー

シアーの設定で下のプレビューを見ながら上の画面内の線の任意の箇所をクリックし てポイントし左右に動かして螺旋状の形に変形します。
「 ラップアラウンド(巻き戻す)(W) 」を選択し OKボタンを押します。

シアーの設定

螺旋状の形に変形できました。

螺旋状の形に変形

このくねっと曲がった長方形を メニューバーの「ファイル」→「別名で保存」から「置き換え.psd」という名前でフォトショップ形式で デスクトップに保存しておきます。

置き換え.psdでデスクトップに保存

画面左から自動選択ツールをクリックします。

自動選択ツール

単色なので1度のクリックで選択できます。 キーボードの「Ctrlキー」+ Cでコピーします。

選択してコピー

最初に開いた画面左上の階段の画像のタブをクリックして切り替えます。

最初に開いたファイルに戻る

キーボードの「Ctrlキー」+ vで螺旋状のシェイプを貼り付けます。 レイヤー名は「螺旋状」に変更します。

螺旋状のシェイプを貼り付ける

レイヤーパレッドで背景レイヤーを選択します。

背景レイヤー選択

メニューバーの「フィルタ」→「変形」→「置き換え」の順にクリックします。

置き換え

置き換えのダイアログボックスで以下のように設定してOKボタンを押します。
水平比率:10
垂直比率:10
置き換えマップデータ:同一サイズに拡大/縮小
未定義領域:端のピクセルを繰り返して埋める

置き換えの設定

OKボタンを押すと保存先の画面が出るので「置き換え.psd」を選択し 「開く」ボタンをクリックします。

置き換え.psdを選択後開く

この時点で背景の階段の一部が螺旋状のシェイプ画像に置き換えられます。

シェイプ画像に置き換えられる

レイヤーパレッドで「螺旋状」レイヤーを選択しサムネイルをキーボードの「Ctrlキー」を押しながら クリックします。

螺旋状レイヤーのサムネイルをクリック

メニューバーの「選択範囲」→「選択範囲を反転」をクリックします。

選択範囲を反転

レイヤーパレッドで「背景」レイヤーを選択しキーボードの「Deleteキー」を クリックします。 「塗りつぶし」のダイアログボックスで使用から背景色を 選択しOKボタンを押します。
(背景色は画面左でデフォルトの白にしています。)

背景レイヤーでDeleteキーをクリック

選択をキーボードの「Ctrlキー」+ Dで解除します。 レイヤーパレッドで「螺旋状」レイヤーを非表示にすると曲がった階段の回りの 背景が削除され螺旋階段になりました。

階段回りの背景が削除

次に螺旋階段の手すりを作ります。 レイヤーパレッドで「螺旋状」レイヤーのサムネイルをキーボードの「Ctrlキー」を押しながら クリックし選択範囲ができたら背景レイヤーをクリックします。

手すりを作る

画面左の選択ツールを選択しておきます。次にその下にあるスポイトツールで 階段の手すりの支えの柱を1度クリックすると柱の色が描画色に反映されます。

スポイトツールで 階段の支えの柱を1度クリック

キーボードの左矢印キーと 上矢印キーを何度か押して図のように選択範囲をずらします。

選択範囲をずらす

カンバスの選択範囲の中で右クリック→「境界線を描く」をクリックします。

境界線を描く

「境界線」の設定画面で境界線の幅を8px、位置は中央に 設定します。色は先程スポイトツールで吸い取った色が 既に適用されているのでそのままOKボタンを押します。

境界線の設定

この続きは下の「その他の項目」の螺旋階段を作る パート2のページへ 移動して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

螺旋階段を作る パート2


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.