PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >スマホの作り方 パート5

スマホの作り方 パート5

画面上でシェイプ: のアイコンをクリックし右にある歯車マークをクリックすると 一覧が出るので一番下にある「WEB」をクリックします。 図のように家の絵のシェイプを選択します。

シェイプの選択

画面上で家の絵のシェイプの塗りを60%グレーに、ストロークは無しに設定します。

シェイプの塗り、ストロークの設定

図のように丸いシェイプの上に家の絵のシェイプを描きます。

家の絵のシェイプを描く

レイヤーパレットで上2つのレイヤー以外を左の 目玉アイコンをクリックして非表示にします。

非表示

レイヤーパレットで上2つのレイヤーが選択されている状態で図の 赤丸の辺りで右クリックをして「表示レイヤーを結合」をクリックします。

表示レイヤーを結合

これでホームボタンができました。レイヤーパレットで「シェイプ1」の レイヤー名をダブルクリックし「ホームボタン」に変更します。

レイヤー名変更

「ホームボタン」のレイヤー名の少し右をダブルクリックし 「レイヤールタイル」の画面を出します。

左側のベベルとエンボスにチェックを入れて 右側の設定項目で
「スタイル」:ベベル(内側)
「テクニック」:滑らかに
「深さ」:215%
「方向」:上へ
「サイズ」:5px
陰影の「包括光源を使用」のチェックは外しておきます。
角度:0度
高度:30度
シャドウのモードの色:#b76c6c
設定ができたらOKボタンを押します。

レイヤールタイルの設定

図のように外側に出っ張ったボタンができました。

出っ張ったボタン

スマホの絵に必要なものは全て描けたのでメニューバーの「表示」→「表示・非表示」 →「グリッド」の順にクリックします。

グリッド

「グリッド」が非表示になりマス目が無くなりました。

グリッドが非表示

レイヤーパレットで一番上のレイヤーが選択されている状態で キーボードの「Ctrlキー +Altキー + Shiftキー + E」を押すと 全てのレイヤーが結合したレイヤーが新規に作成されます。 レイヤー名は「スマホ」に変更します。 既存レイヤーを残して新たに結合レイヤーを作成することにより 少し前の作業の編集にも戻ることができます。

新たに結合レイヤーを作成

画面左から多角形選択ツールをクリックします。

多角形選択ツール

図のように三角形の選択範囲を作成します。

三角形の選択範囲を作成

メニューバーの「フィルタ」→「描画」→「照明効果」の順にクリックします。

照明効果

照明効果の設定画面が出るので右側の設定項目でプレビューを見ながら 値を設定します。ここでは図のような値に設定してます。テクスチャは無しに 設定しています。設定ができたら画面上のOKボタンを押します。

照明効果の設定画面

レイヤーパレットの下で「新規レイヤーを作成」をクリックします。 レイヤー名を「本体の光」に変更します。 スマホ画面の右上を中心にスポットライトが当たったようになったので 今度はスマホ本体(黒い部分)にも、もう少し光が当たっているように見せます。

新規レイヤーを作成

画面左から三角形の描画色を白色に設定します。

三角形の描画色を白色に

キーボードの「Altキー」+「Delete」で三角形を白に 塗りつぶします。

塗りつぶし

レイヤーパレットの右上で不透明度をクリックし15%に 設定します。
メニューバーの「選択範囲」→「選択を解除」で 選択を解除します。

選択解除

これでスマホを描くことができました。外からの光が右から当たり スマホの本体の右側の黒い部分も照らされて色合いが薄くなっているように見えます。

スマホ

拡大した画像:スマホ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

スマホの作り方
スマホの作り方 パート2
スマホの作り方 パート3
スマホの作り方 パート4


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.