PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >Aのタワー パート2

Aのタワー パート2

アルファベットのAをたくさん組み合わせてタワー(鉄塔)を作る方法の解説 パート2です。

現在の状態ではタワーの形状が三角錐になっているので少し曲線状になるようにします。 レイヤーパレットのチャンネルタブをクリックして下の「新規チャンネルを作成」を クリックします。

新規チャンネルを作成

画面左からブラシツールをクリックします。 ブラシサイズは19 ハードメカニカル、色は白に設定します。

ブラシツール

RGBチャンネルを表示します。 タワーの頂点からキーボードの「Shiftキー」を押しながらクリックしていくことで 図のように直線で外枠を塗ることができます。 残った赤い部分はタワー前面と右側面の下だけ10分の1程残してブラシサイズを50前後に大きくして塗りつぶします。

RGBチャンネルでタワーの頂点からShiftキーを押しながらクリックして外枠を塗る

レイヤーパレット下の「チャンネルを選択範囲として読み込む」ボタンを クリックします。

チャンネルを選択範囲として読み込む

レイヤーパレットの「RGBチャンネル」をクリックすると4種類の チャンネルが選択できます。

4種類のチャンネルが選択

メニューバーの「フィルタ」→「変形」→「つまむ」の順にクリックします。

つまむ

量を20%に設定しOKボタンを押します。

量を20%

タワーの選択範囲が内側に少しだけ曲線状になりました。 タワー下部の10分の1程残した赤い箇所は元の形状のままです。 アルファチャンネル1の目玉アイコンを押して非表示にしレイヤータブを クリックします。選択範囲は解除します。

タワーの選択範囲が内側に曲線状になる

メニューバーの「ファイル」→「配置」をクリックします。

配置

空の画像を配置して画面上の○ボタンで確定します。 空のレイヤーはタワーレイヤーの下に移動します。

空の画像を配置

「タワー」レイヤーを選択し画面左上の移動ツールをクリックします。

移動ツールをクリック

バウンディングボックスの右下の点をキーボードの「Shiftキー」を押しながら 縦横比を維持して縮小し確定します。

縮小

レイヤーパレッド下の「レイヤーマスクを追加」ボタンを押します。 画面左からブラシツールをクリックしブラシサイズを18 ソフトメカニカル、 色は黒に設定します。

レイヤーマスクを追加

図の赤丸の3か所をブラシで塗ります。

赤丸の3か所をブラシで塗る

タワーの一部が雲に隠れ先端が雲を突き抜けているように見せることができました。 これでアルファベットのAでタワー(鉄塔)を作ることができました。

タワー

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

Aのタワー


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.