PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >割り箸で家を作る パート6

割り箸で家を作る パート6

レイヤーパレッドで「玄関の壁」レイヤーを選択した状態で キーボードで「Ctrlキー + j」を3回押して選択範囲をコピーしたレイヤーを 3つ作成します。

選択範囲をコピーしたレイヤーを3つ作成

レイヤーパレッドでキーボードの「Ctrlキー」を押しながら「レイヤー3のコピー2」のサムネイルをクリックし選択範囲を 読み込んで 境界線がわかりやすいようにします。このレイヤーを選択した状態で メニューバーの「編集」→「変形」→「遠近法」の順にクリックします。

遠近法

四角いバウンディングボックスの左下の点をクリックし右方向にスライドします。 画面上のオプションツールバーの赤で囲んだ部分の値を-11.00に設定し右側の○ボタンで確定します。

四角いバウンディングボックスの左下の点をクリックし右にスライド

画面左上の移動ツールをクリックします。

移動ツール

次にバウンディングボックスの下中央の点をクリックし画面上のオプションツールバーのH の値が7.14%になるまで上に縮小し右側の○ボタンで確定します。 メニューバーの「選択範囲」→「選択を解除」で選択を解除します。 このレイヤー名を「玄関の天井」に変更します。

バウンディングボックスの下中央の点をクリックし画面上のオプションツールバーのHの値が7.14%になるまで上に縮小

ここまでで主要な素材は配置できたのでキーボードの「Ctrlキー + @」を押してカンバスのグリッド線は非表示にします。 レイヤーパレッドで「レイヤー3のコピー」を選択し上記の方法と同様に 「編集」→「変形」→「遠近法」の順にクリックし左下の点をクリックして 上方向にスライドし画面上で赤い四角で囲んだ値を「-14.13度」に設定し右の○ボタンで確定します。

遠近法で左下の点をクリックして上にスライドし画面上で赤い四角で囲んだ値を-14.13度に設定

バウンディングボックスの左中央の点をクリックし右方向へ移動します。 画面上のW(幅)が70.00%になるまで縮小します。 レイヤーパレッドの「玄関の壁」が完全に隠れるようにキーボードの矢印キーで 位置を微調整します。 このレイヤー名を「玄関の壁の右側」に変更します。

バウンディングボックスの左中央の点をクリックし右方向へ移動

レイヤーパレッドで「レイヤー3」をクリックし上記の方法と同様に 「編集」→「変形」→「遠近法」の順にクリックし右下の点をクリックして 上方向にスライドし 画面上で赤い四角で囲んだ値を「14.13度」に設定し右の○ボタンで確定します。

遠近法で右下の点をクリックして上にスライドし画面上で赤い四角で囲んだ値を「14.13度」に設定

バウンディングボックスの右中央の点をクリックし左方向へ移動します。 画面上のW(幅)が70.00%になるまで縮小します。 先程と同様にレイヤーパレッドの「玄関の壁」が完全に隠れるようにキーボードの矢印キーで 位置を微調整します。 このレイヤー名を「玄関の壁の左側」に変更します。

バウンディングボックスの右中央の点をクリックし左方向へ移動

玄関部分の奥は光の当たりが弱く暗めなので少しだけ陰を付けます。 レイヤーパレッドでキーボードの「Ctrlキー」を押しながら 「玄関の壁の左側」のサムネイルを クリックします。

Ctrlキーを押しながら玄関の壁の左側のサムネイルをクリック

画面左からグラデーションツールをクリックします。

グラデーションツール

画面上で反射形グラデーションを選択しグラデーションのアイコンをクリックします。

グラデーションのアイコンをクリック

グラデーションエディターの画面でプリセットから「NDフィルター」を選択し 下のスライドバーをダブルクリックするとカラーピッカーの設定画面が出るので 色を「#898081」に設定します。 設定ができたらOKボタンを押します。

NDフィルター

図の位置で右から左方向へグラデーションの線を引くと薄く陰が付きます。 そしてもう一度、同じ位置から右から左方向へグラデーションの線をはじめの半分程の 線を引くと濃い目の陰を付けることができます。 メニューバーの「選択範囲」→「選択を解除」で選択を解除します。

右から左へグラデーションの線を引くと薄く陰が付く

レイヤーパレッド「玄関の壁の右側」レイヤーを選択しキーボードの「Ctrlキー」を押しながら 「玄関の壁の右側」のサムネイルを クリックします。 上記の方法と同様に今度は逆向きで左から右方向へグラデーションの線を2回引きます。 メニューバーの「選択範囲」→「選択を解除」で選択を解除します。

玄関の壁の右側レイヤーを選択しCtrlキーを押しながら玄関の壁の右側」のサムネイルを
クリックし左から右へグラデーションの線を2引く

レイヤーパレッドで「玄関の天井」レイヤーを選択しキーボードの「Ctrlキー」を押しながら 「玄関の天井」のサムネイルを クリックします。 天井は一番暗いので今度は下から上方向へグラデーションの線を3回引きます。 メニューバーの「選択範囲」→「選択を解除」で選択を解除します。

玄関の天井レイヤーを選択しCtrlキーを押しながら玄関の天井のサムネイルを
クリックしグラデーションの線を3回引く

レイヤーパレッドで「ドア」レイヤー名の右辺りをダブルクリックすると「レイヤースタイル」 のダイアログボックスが出るので左側のベベルとエンボスを選択し右側の 設定項目で以下のように値を設定します。

スタイル:ベベル(内側)
テクニック:滑らかに
深さ:93%
方向:下へ
サイズ:13px
角度:149度
高度26度
光沢輪郭:線形
ハイライトのモード:乗算、 色:#ffffff 
不透明度:75%
シャドウのモード:乗算、 色:#706767
不透明度:75%

設定ができたら次は左の項目で「境界線」を選択します。

ベベルとエンボス

サイズ:4px
位置:内側
描画モード:通常
不透明度:100%
塗りつぶしタイプ:カラー
カラー:カラーアイコンをクリックし#617768

設定ができたらOKボタンを押します。

境界線

メニューバーの「イメージ」→「色調補正」→「明るさ・コントラスト」で明るさの値を-110に 設定します。 次に レイヤーパレッド下で「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックし新規レイヤーを作成します。 レイヤー名を「ドアノブ」に変更します。

明るさ・コントラスト

レイヤーパレッドの下の方までスクロールして「レイヤー1」の目玉アイコンをクリックし選択し キーボードの「Ctrlキー」+ Aを押して全て選択します。 キーボードの「Ctrlキー」+ Cを押してコピーします。

全て選択

再度レイヤーパレッドの一番上までスクロールして「ドアノブ」のレイヤーを選択し キーボードの「Ctrlキー」+ Vを押して貼り付けます。 割り箸が家の最前面に貼り付けれられました。

ドアノブのレイヤーを選択し貼り付け

メニューバーの「フィルタ」→「変形」→「つまむ」の順にクリックします。

つまむ

「つまむ」のダイアログボックスが出るのでスライドバーでつまむ量を-90%に設定にしOKボタンを押します。

つまむの設定

図のように割り箸をつまんだような状態になります。画面左上の移動ツールをクリックし バウンディングボックスの右下の点をクリックし ます。

移動ツールをクリックしバウンディングボックスの右下の点をクリック

画面上のオプションツールバーで幅14%、高さ4.3%に縮小しOKボタンを押します。

幅14%、高さ4.3%に縮小

ドアノブをドアの左の方に配置します。

ドアの左の方に配置

レイヤーパレッドで「不透明度:」のすぐ左にある三角マークをクリックし 描画モード一覧から「差の絶対値」を選択します。

描画モードで差の絶対値を選択

ドア全体に馴染んだ色になりました。これで割り箸の写真素材を使って 家を作ることができました。

割り箸の家

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

割り箸で家を作る パート1
割り箸で家を作る パート2
割り箸で家を作る パート3
割り箸で家を作る パート4
割り箸で家を作る パート5


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.