PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >物体に棒を巻きつける

物体に棒を巻きつける

空のペットボトルの画像を開きます。

ペットボトル

画面左から角丸長方形ツールをクリックします。

角丸長方形ツール

画面上で塗りを黒、線は無し、幅は500px、高さ20pxに設定し ペットボトルの上に角丸長方形を描きます。

棒

レイヤーパレッドで「角丸長方形1」レイヤーを右クリック→「レイヤーをラスタライズ」を クリックします。これによりこの図形がドットの画像として扱われフィルタ機能等が使用できるようになります。 レイヤー名は「曲がる棒」に変更します。

棒2

メニューバーの「フィルタ」→「変形」→「波形」の順にクリックします。

波形

波形の設定で以下のように値を設定しOKボタンを押します。 右下のプレビューと全く同じ波形にできない場合はスライダーで 波長の最大値を減らすか他の各種値を調整して下さい。

波数:1
種類:正弦波にチェック
波長:最小:1、 最大:250
振幅:最小:1  最大:333

棒3

図のように1本の棒がグニャっと曲がった波のような形の棒になりました。

棒4

メニューバーの「編集」→「変形」→「90度回転反時計回り」の順にクリックします。

90度回転反時計回り

横向きの曲がった棒が縦向きになりました。

棒5

画面左上の移動ツールをクリックします。

移動ツール

バウンディングボックスの右下をクリックし画面上でオプションツールバーが表示 されるのでバウンディングボックスの左辺中央と上辺中央の点を動かしてXの値が250px、Yの値が168pxに なったら右の○ボタンで確定します。

棒6

「曲がる棒」レイヤーのサムネイルをキーボードの「Ctrlキー」を押しながらクリックし 選択範囲を読み込みます。

棒7

「曲がる棒」レイヤーをクリックして「新規レイヤーを作成」ボタンまでドラッグして「曲がる棒のコピー」 レイヤーを作成します。 曲がる棒のレイヤーは目玉アイコンをクリックして非表示にしておきます。 そして「曲がる棒のコピー」レイヤーの不透明度を0%にします。

棒8

画面上で多角形選択ツールをクリックします。

多角形選択ツール

画面上で「現在の選択範囲から一部削除」をクリックします。

棒9

図のようにペットボトルの最下部に巻き付いている曲がった棒を裏側にしたいので 多角形選択ツールで囲んで選択範囲を一部削除します。 裏側にする部分は全部で3か所あります。 表側にする部分もキャップのところまでで全部で3か所あります。

棒10

同様に残りの2か所も多角形選択ツールで選択範囲の共通部分を削除すると 図のような状態になります。

棒11

「曲がる棒のコピー」レイヤーの不透明度を100%に戻し キーボードの「Deleteキー」を押して削除します。

棒12

「曲がる棒」レイヤーを表示して「曲がる棒のコピー」レイヤーのサムネイルをクリックし ペットボトルの裏側に回った選択範囲を読み込みます。

棒13

「曲がる棒」レイヤーをクリックし キーボードの「Deleteキー」を押して削除します。 「Ctrlキー」+ Dで選択範囲を解除します。

棒14

「曲がる棒のコピー」レイヤーをクリックし 不透明度を43%に設定するとペットボトルに 巻き付いた棒の1段目、3段目、5段目が裏側に 回っているようにすることができました。

棒15

このエントリーをはてなブックマークに追加



TOP

Copyright (C) 2015 Photoshopマスター All rights reserved.