PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >地図(マップ)の作成 パート3

地図(マップ)の作成 パート3

Photoshopで航空写真を利用して簡単な地図(マップ)を作る方法の解説の続きパート3です。

下絵中央の線路が欠けてわかりづらくなっているため新たに作り直します。 新しく幅1000ピクセル、高さ500ピクセルの横長なファイルを 作成します。

横長なファイルを作成

画面左の長方形ツールで塗り白、線無しでカンバスいっぱいに横長の 長方形を描きます。

横長の長方形を描く

メニューバーの「フィルタ」→「表現方法」→「分割」 をクリックします。

分割

「シェイプをラスタライズしますか?」というメッセージが出ますがOKを押して 分割の設定で以下のように設定後OKボタンを押します。

分割数:10
最大移動値:1
移動後の空白部分:描画色で塗る(描画色は黒に設定しています)

分割の設定

格子状に分割されました。

格子状に分割

画面左から「パッチツール」をクリックします。

パッチツール

画面上で「パッチ:コンテンツに応じる」を選択します。 図のように上から2番目の横線をぐるっと囲みます。 そして上方向に少しだけドラッグします。

パッチ:コンテンツに応じるを選んで上から2つ目の横線を囲む

すると2番目の横線は綺麗に消えました。

2番目の横線が消えた

3番目の横線も上記と同様の方法で下方向へずらし消すとこのように 縦線が等間隔に並んだ線路の形になりました。

3番目の横線も消す

「長方形1」レイヤーのサムネイルをCtrlキーを押しながらクリックします。

長方形1レイヤーのサムネイルをCtrlキーを押しながらクリック

メニューバーの「編集」→「ブラシを定義」をクリックします。

ブラシを定義

ブラシ名は「線路」にしOKボタンを押します。

ブラシ名を線路に

画面上で地図のファイルのタブをクリックし下絵に戻ります。 新規レイヤーを2枚作成し名前を「線路枠」、「線路」に変更します。

新規レイヤーを2枚作成

この続きは下のその他の項目の「地図(マップ)の作成 パート4」のリンクから 移動して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

地図(マップ)の作成
地図(マップ)の作成 パート2
地図(マップ)の作成 パート4


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.