PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >割り箸で家を作る

割り箸で家を作る

割り箸の画像を開きます。

割り箸

画面左から多角形選択ツールをクリックします。

多角形選択ツール

割り箸を選択します。

割り箸選択

キーボードの「Ctrlキー」+jを2回します。 これで選択範囲をコピーした新しいレイヤーが2つ作成されます。

新しいレイヤーが2つ作成

レイヤーパレットで「レイヤー1のコピー」が選択されている状態で メニューバーの「編集」→「変形」→「垂直方向に反転」の順にクリックします。

垂直方向に反転

コピーした割り箸が反転しました。

反転

画面左上から移動ツールをクリックします。

移動ツール

キーボードの右矢印キーを何度か押してレイヤー1の割り箸の右横まで移動します。

レイヤー1の割り箸の右横まで移動

画面左から長方形選択ツールをクリックします。

長方形選択ツール

白いカンバスにはみ出ないように計4本の割り箸を図のように輪郭の少し内側を選択します。

本の割り箸を輪郭の少し内側を選択

メニューバーの「編集」→「パターンを定義」をクリックします。

パターンを定義

パターン名のダイアログボックスが出るのでパターン名を「割り箸」に変更し OKボタンを押します。メニューバーの「選択範囲」→「選択を解除」で 選択を解除します。

選択を解除

メニューバーの「ファイル」→「新規」をクリックします。

新規

新規ファイルのダイアログボックスでファイル名を「割り箸の背景」、カンバスの幅を 800ピクセル、高さを620ピクセルに設定しOKボタンを押します。

新規ファイル

「割り箸の背景」のカンバスが作成されます。

カンバス作成

メニューバーの「編集」→「塗りつぶし」をクリックします。

塗りつぶし

「塗りつぶし」のダイアログボックスが出るのでカスタムパターンの アイコンをクリックし一覧から先ほど作成した割り箸のパターンを選択し OKボタンを押します。

割り箸のパターンを選択

割り箸の背景ができました。

割り箸の背景

メニューバーの「イメージ」→「画像の回転」→「90度時計回り」の順にクリックします。

90度時計回り

割箸の背景の向きが横になります。

横

メニューバーの「編集」→「パターンを定義」の順にクリックします。

パターンを定義

パターン名のダイアログボックスが出るので名前を「割り箸 横向き」と入力しOKボタンを押します。 これで塗りつぶしのパターンにこの背景も登録されます。

パターン名入力

画面左上で最初に作成したカンバスのタブをクリックし戻りレイヤーパレットで 「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックし新規レイヤーを作成します。

新規レイヤーを作成ボタンをクリック

新規レイヤーの名前を「家の左側」に変更し下の3つのレイヤーは目玉アイコンを クリックして非表示にしておきます。

3つのレイヤー非表示に

画面左で背景色を白色に設定します。

背景色設定

キーボードの「Ctrlキー」+ 「Deleteキー」で背景色が白に 変わります。

背景色白

画面左の多角形選択ツールをクリックします。

多角形選択ツール

キーボードの「Ctrlキー」+ @でカンバスにグリットを表示して 図の赤丸の開始点から各折り返し地点でクリックし再度 開始点(終了点)をクリックし選択範囲を作成します。

グリットを表示して家形(左半分)の選択範囲を作成

メニューバーの「編集」→「塗りつぶし」をクリックします。

塗りつぶし

「塗りつぶし」のダイアログボックスが出るので使用:から パターンを選択しカスタムパターンのアイコンをクリックし 一覧から割り箸のパターン(縦向き)を選択しOKボタンを押します。

塗りつぶしの設定

この続きは下のその他の項目の「割り箸で家を作る パート2」のリンクから移動して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

割り箸で家を作る パート2
割り箸で家を作る パート3
割り箸で家を作る パート4
割り箸で家を作る パート5
割り箸で家を作る パート6


TOP

Copyright (C) 2015-2017 Photoshopマスター All rights reserved.