PhotoshopマスターTOPページへ

初心者の為のPhotoshopの解説サイトです。画像の切り抜きや合成の方法などを 写真付きでわかりやすく解説しています。
これからPhotoshopを勉強したい、復習したいと思っている方に役立つサイトです。
TOP >イワシをサメに変える パート3

イワシをサメに変える パート3

Photoshopでイワシをサメに変える方法の解説 パート3です。

選択範囲を移動して目を黒に塗ります。

サメの目を黒に塗る

「Ctrlキー + J」でコピーレイヤーを 作成し「サメの目」と変更します。 次に「サメの目」レイヤーをダブルクリックします。

コピーレイヤーを作成

レイヤー効果の画面で ベベルとエンボスの設定で以下の値で設定します。
スタイル:エンボス
深さ368
サイズ21px
{境界線}
境界線:3px

レイヤー効果の設定

次に楕円形選択ツールで 小さい円を作り「右クリック」→「境界線を描く」を クリックで幅2px、#56d840の色を選びOKボタンを押します。

楕円形選択ツールで小さい円を作る

奥に瞳が見える冷酷で窪んだサメらしい目になりました。

サメの目が完成

「Ctrlキー」+「Altキー」+ 「Shiftキー」+ Eで全てのレイヤーを結合 した新規レイヤーを作成します。

全てのレイヤーを結合した新規レイヤーを作成

画面左からマグネット選択ツールをクリックします。

マグネット選択ツール

しっぽを囲みます。

しっぽを囲む

メニューバーの「編集」→「パペットワープ」の順にクリックします。

パペットワープ

図のように軸となるピンをいくつか止めます。

軸となるピンを複数止める

各ピンを上下に移動してサメのしっぽが三日月のような形になるようにします。 カクカクするようであれば図のようにクリックしてピンの数を増やします。

各ピンを移動し、しっぽが三日月の形になるようにする

確定し選択を解除するとサメのしっぽができました。 輪郭が少しカクカクしているので滑らかにします。

サメのしっぽができた

メニューバーの「フィルタ」→「ノイズ」→「ダスト&スクラッチ」の順にクリックします。

ダスト&スクラッチ

半径を20、しきい値を8に設定しOKボタンを押します。

ダスト&スクラッチの設定

次に楕円形選択ツールで元のしっぽの形を消すため選択し 画面左からバッチツールをクリックします。

楕円形選択ツールで元のしっぽの箇所を囲む

ドラッグして右側にずらすと余分な部分が消えます。 楕円形選択ツールで繰り返し囲み何度かドラッグすると図のように なります。

ドラッグで右側にずらす

レイヤー4のコピーを作成します。

レイヤー4のコピーを作成

メニューバーの「フィルター」→「フィルターギャラリー」をクリックします。

フィルターギャラリー

「ガラス」の画面でプレビューを確認し以下の値で設定しOKボタンを押します。
ゆがみ:20
滑らかさ:3
テクスチャ:霜付き

ガラスの設定

描画モードを乗算に変更すると ガラスの効果で海中を泳いでいるように見えるようになりました。 次に新規レイヤー「エラ」を作成し鉛筆ツールで黒色サイズ2pxで 5本の線を描きます。

描画モードを乗算に変更し新規レイヤーを作成し鉛筆ツールで線を描く

エラレイヤーのサムネイルをCtrlキーを押しながらクリックし 選択します。次にレイヤーをダブルクリックしてレイヤー効果の ベベルとエンボスで深さ300 サイズ7、光沢輪郭を円錐にして OKボタンを押します。

ベベルとエンボス

「エラ」レイヤーを一つ下に移動して描画モードを覆い焼きカラーにします。

描画モードを覆い焼きカラーに

画面左から焼き込みツールをクリックします。

焼き込みツール

レイヤー4を選択し仕上げに5本の線の左側を焼き込んで影をつけます。 これでイワシをサメに変えることができました。

サメが完成

元画像のイワシと修正後のサメと比較すると随分と変化しているのがわかります。

鰯
鰯を鮫に60

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ その他の項目

イワシをサメに変える
イワシをサメに変える パート2


TOP

Copyright (C) 2015-2019 Photoshopマスター All rights reserved.